支配下選手登録

【東北楽天ゴールデンイーグルス】宮川、再び支配下登録に

楽天・宮川 再び支配下登録に 2度の右肘手術乗り越え

 楽天は17日、育成選手の宮川将投手(25)と支配下選手契約を結んだ。背番号は121から90に変わる。

 大体大から12年育成ドラフト1位で入団。13年6月に支配下選手となり、同年に育成選手1年目では史上初の白星を挙げたが14年10月に右肘を手術し、再び育成選手となっていた。昨夏に受けた2度目の右肘手術を乗り越え、今季は2軍で17試合に登板し防御率2・95。「相手の流れを止める投球をしたい」と意気込んだ。

【中日ドラゴンズ】育成の近藤と支配下契約、父は近藤真市コーチ

中日 育成の近藤と支配下契約 父は近藤真市コーチ

 中日は14日、育成契約選手の近藤弘基外野手(23)と支配下契約を結んだ。

 背番号は67。父の近藤真市氏(47)は同じ享栄高(愛知)から中日にドラフト1位で入団し、1年目に初登板の巨人戦で無安打無得点試合を演じた。現在は1軍投手コーチを務めており、父子で同チームのコーチと選手というめずらしいケースになる。

 名古屋市内で会見した近藤は「今年1年にかけていた。自分に厳しくやろうと思っていた。守備には自信を持っている。高校の先輩の大島さんと一緒に外野を守りたい」と意気込みを語った。

 享栄、名城大を経て14年の育成ドラフト4位で中日へ。強肩が最大のセールスポイントだが、今年は打力にも成長がみられた。5月の左肩故障で足踏みしたが、高い守備力への評価は変わらなかった。父の近藤コーチは「これからが本当のスタート。もっと苦しい壁にぶち当たることもあると思うが、日々努力してほしい」とエールを送った。谷繁監督も「持ち前のガッツを出してほしい」と期待した。

【東京ヤクルトスワローズ】由規が支配下に、背番121から11に戻る

ヤクルト由規が支配下に 背番121から11に戻る

 右肩痛からの完全復活を目指し、今季から育成選手として再出発したヤクルト由規投手(26)が5日、都内の球団事務所で支配下選手としての契約を結んだ。背番号は「121」から「11」に戻ることが決まった。黒色のスーツに水色のネクタイ姿で報道陣の前に登場。今の思いを口にした。

 由規 去年の秋は、僕の中ではクビを切られてもおかしくないと思っていた。今までは1軍で投げる気持ちや、ローテーションを守ることを目標にしてきた。今年からは1軍で1球でも投げるということを目標にしたことで、自分の中で少しハードルが低くなった。その1球のために頑張ってきた。テレビで1軍の試合を見ると、たまに背番号「11」を着ている人がいたり、2軍の戸田まで足を運んでくれる人だったり。そういう人たちの姿を見て刺激をもらっていた。

 1軍の先発復帰日は、9日の中日戦(神宮)に内定している。11年9月3日の巨人戦(神宮)から1軍登板を遠ざかる。

 由規 自分の中では、過去の成績は0だと思っている。どうしてもスピードを期待されるかもしれないけど、目の前の打者にぶつかっていくところを見てほしい。投げて、勝って、神宮のお立ち台にあがっている姿をイメージしています。

 由規は11年に右肩痛を発症。13年に右肩の手術に踏み切った。衣笠球団社長、小川SDや真中監督が視察に訪れた6月22日のイースタン・リーグ巨人戦(ジャイアンツ)で、5回3安打2失点(自責0)。最速151キロをマークし、8奪三振と好投したことで首脳陣からのゴーサインが出た。

【オリックス・バファローズ】園部を支配下登録 背番号「00」

オリックス園部を支配下登録 背番号「00」

 オリックスは1日、育成選手の園部聡内野手(20)を支配下登録すると発表した。

 高卒1年目の一昨年8月に右肘を手術したことで支配下登録から外れていたが、現在は回復。今季は6月末時点の2軍戦で打率3割1厘、6本塁打、17打点の成績を残している。背番号は00となる。

 「手術をしたときは不安もありましたが、球団をはじめ、支えていただいたすべての方々のおかげでここまで来ることができました。感謝の気持ちでいっぱいです。今年こそという気持ちで挑んだシーズンですし、1日も早く1軍に上がり、チームに貢献できるようにがんばります」とコメントした。

 これでチームの支配下登録枠は上限いっぱいの70人となった。瀬戸山球団本部長は園部について「ファームで結果を出している。先日、大田が支配下になったときにおそらく彼も自分はまだかなと内心思っていたと思う。残り1つしかない選手枠は、若いイキのいい選手を登録したかった。日本ハムの中田くんのような選手になってもらいたい。1軍のゲームに出るチャンスがすぐに訪れるかどうかは分からないが、チームの勝利に貢献する選手になってほしいですね」と話した。

【オリックス・バファローズ】大田阿斗里が支配下登録

オリックス大田阿斗里が支配下登録「感謝の気持ち」

 オリックスは23日、育成選手の大田阿斗里投手(26)を支配下登録すると発表した。背番号は98となる。

 昨オフにDeNAを戦力外となってオリックスにテスト入団し、今季はウエスタン・リーグで主にリリーフとして21試合、1勝1敗、防御率4・78の成績を残している。「一度戦力外になった自分を拾っていただいた球団には、感謝の気持ちしかありません。これから恩返しができるように1試合でも、1球でも多くチームに貢献していけるように精いっぱい頑張っていきます」とコメントした。