引退

【読売ジャイアンツ】片岡、引退

スピードスター巨人片岡引退「最後にもう1回…」

 巨人片岡治大内野手(34)が現役引退を決断したことが9月30日、分かった。ここ数年は太もも、ふくらはぎ、膝の故障に苦しみながらも、不屈の闘志で復活。今季も開幕から度重なるケガに悩まされ、懸命にリハビリを続けたが、プロ13年目で初めて1軍出場はなかった。西武時代には4年連続盗塁王を獲得するなど、足で勝負した男は新たなステージに進むことを決めた。

 幾度となく、足で勝利を引き寄せた平成のスピードスターが、ユニホームを脱ぐ決断を下した。片岡はプロ13年目の今季、膝など度重なるケガに苦しみ、自身初めて1軍出場がゼロ。現在も3軍で懸命にリハビリを続けるが、体は限界を超えた。

 片岡 もう1度、1軍のグラウンドに立ちたいと思ってやってきたので、悔しいです。応援してくれた方に恩返しできなかったことが心残りです。最後にもう1回、走りたかった。

 鮮やかな走塁で、ファンを魅了した。今なお、選手、ファンに語り継がれる神走塁がある。西武時代の08年、巨人との日本シリーズ第7戦。1点を追う8回無死から死球で出塁し、二盗に成功。犠打で三進後、絶妙なスタートで内野ゴロの間に生還し、日本一に導いた。07年からは4年連続で盗塁王を獲得した。

 記憶にも、記録にも残る活躍で球史に名を刻んだ。08年に最多安打、ベストナインを受賞。10年のオールスターではMVPも獲得した。09年のWBCでは内野のユーティリティー選手として、世界一に貢献。球界屈指のイケメンでも注目され、男女問わずに多くのファンからも愛された。

 左肩、両手首と手術を経験したのは、全力プレーの代償だった。守備でのダイビングキャッチに、全力疾走、フルスイングは片岡の代名詞。常にチームの勝利を最優先し、故障ギリギリのプレーをグラウンドで続けた。「それをやめれば、自分の野球じゃないですから」。自らのポリシーを貫き、現役生活に終止符を打った。

 仲間に愛され、片岡も周囲の支えに感謝した。「いろんな出会いがあって、いい野球人生が送れた。日本一にも、世界一にもなれた。監督、コーチ、選手に感謝の気持ちでいっぱい。そして、両親、家族にも感謝を伝えたいです」と思いを込めた。今後は未定だが、大好きな野球への思いは変わらず、第2の人生をスタートさせる。

 ◆片岡治大(かたおか・やすゆき)1983年(昭58)2月17日、千葉県生まれ。宇都宮学園(現文星芸大付)から東京ガスを経て04年ドラフト3巡目で西武入団。07年から4年連続盗塁王となり、08~10年に史上5人目の3年連続50盗塁をマーク。08年には最多安打のタイトルも獲得し、ベストナインに選ばれた。12年オフに登録名を「易之」から「治大」に変更。13年オフにFAで巨人へ移籍。176センチ、80キロ。右投げ右打ち。今季推定年俸6000万円。

【オリックス・バファローズ】モレル現役引退、家業のブドウ農園継ぐ

オリックス・モレル現役引退、家業のブドウ農園継ぐ

 オリックスのブレント・モレル内野手(30)が現役引退する。

 26日、京セラドーム大阪を訪れて福良監督らにあいさつ。長村裕之球団本部長は「本人は野球で完全燃焼したということで、家業のブドウ農園を継ぐそうだ」と説明。来日2年目の今季は38試合で打率2割7分6厘、1本塁打、11打点だった。今日27日に米国に帰国する。

【OB】林威助引退、07年阪神打線主軸

林威助引退、虎党も台湾入り 07年阪神打線主軸

 前阪神で台湾プロ野球の中信兄弟でプレーする林威助外野手(38)が、今季限りで現役引退することが25日、分かった。左打ちの長距離砲として活躍してきたが今季は若返りを図るチーム方針もあって1軍で7試合出場にとどまる。年齢的に満足プレーできる環境ではなく引き際を決断した。

 球団には引退試合を打診されたが、1軍がプレーオフ進出の可能性を残しているため辞退した。今日26日から高雄・澄清湖で始まる富邦との2軍の優勝決定シリーズ(最大5戦)が、プロ15年間の花道になる。

 台湾生まれの林はスイングの速さが武器のスラッガーとして名をはせ、02年に阪神入りした。開花したのは07年。自己最多の115試合出場。不動の4番金本の前後を打ち、3番で25戦、5番で44戦に先発。15本塁打を放ち、主軸で活躍した。

 同年8月に右肩痛で離脱し手術した後は不振に陥った。13年限りで戦力外となると母国でプレー。今季は開幕を2軍で迎え、出番は激減。2軍では打率4割1分1厘で健在ぶりを示してきたが厳しい立場だった。

 誰よりもファンに愛される男だ。23日は、台湾・屏東で2軍の公式戦最終戦となる富邦戦に6回の左翼守備から途中出場。7回の二ゴロが最終打席になった。球場には引退を予期した虎党が日本から訪れ、阪神時代の応援歌を歌う。涙を流すファンもいた。座右の銘「一球撃命」そのままに歩む野球道。今後は指導者を志し、新たな1歩を刻む。

 ◆林威助(リン・ウェイツゥ)1979年1月22日、台湾・台中市生まれ。高校2年時に福岡・柳川に野球留学。近大をへて02年ドラフト7巡目で阪神に入団。454試合、打率2割6分4厘、31本塁打、125打点。04年アテネ五輪、06、09年WBCの台湾代表。14年から台湾プロ野球の中信兄弟でプレーする。179センチ、82キロ。左投げ左打ち。

【千葉ロッテマリーンズ】井口、引退試合9回に同点2ラン

ロッテ井口、引退試合9回に同点2ラン本塁打

<ロッテ4-3日本ハム>◇24日◇ZOZOマリン

 ロッテ井口資仁内野手(42)が同点の2号2ランを放った。

 1-3の9回無死一塁で第4打席が回ってきた。引退試合の最終回。そのまま負ければ、現役最終打席となるところ。カウント2-1で、増井の149キロをバックスクリーン右横に放り込んだ。地鳴りのような歓声の中、ダイヤモンドを1周。「今年は、まだ右方向に良い当たりが出ていない。1本、打てれば」と話していたが、土壇場でセンターから逆方向へ、これ以上ない1発をかました。

【中日ドラゴンズ】引退の森野が2軍打撃コーチ就任へ

引退中日森野が2軍打撃コーチ就任へ「やらなきゃ」

<中日3-2広島>◇24日◇ナゴヤドーム

 中日森野将彦内野手(39)が21年間の現役生活を笑顔で終えた。2点を追う7回無死一塁に代打で登場。一ゴロに倒れ、一塁走者に残ると1学年先輩の荒木が代走に出て交代。笑顔で握手を交わし、ベンチに下がった。サヨナラ勝利後、セレモニーで長男凌真(りょうま)さん(13)と長女凜(りん)さん(10)から花束を受け取ると、優しい顔になった。マウンド付近で胴上げされ、背番号と同じ7回宙に舞った。会見では「とにかく笑顔で終われて幸せ。悔いなく終われた。僕らしくていいと思います」とすがすがしく言った。

 7月2日の広島戦で右太もも裏を肉離れ。8月に2軍で実戦復帰したが再発した。ここ2、3年は思い通りの打撃ができずに苦しんだ。走りだすことも怖さを感じていた。「心の糸と肉の糸が切れた」とユニホームを脱ぐことを決意した。

 白井文吾オーナー(89=中日新聞社会長)は「打撃コーチとして正式にやってもらおうと構想している。彼はなかなか面白い男。チームが明るくなる」と明言。来季は2軍打撃コーチに就任することが有力になった。森野は「やらなきゃいけないでしょう。節目なのかなと思います」と後進育成に気合十分。勝負強い打撃でチームを支え、中日一筋21年。強竜復活へ、次の仕事に向かう。【宮崎えり子】

【広島東洋カープ】江草が引退

広島江草が引退「思うようなボール」いかず今季限り

 広島江草仁貴投手(37)が20日、今季限りでの現役引退を申し入れ、了承された。

 マツダスタジアムで取材に応じ「自分の思うようなボール、アウトの取り方が出来なくなった。フォークが操れなくなり、若い子とブルペンで投げていても、恥ずかしくなるようになった」と語った。8月にはユニホームを脱ぐことを決めていたが、「連覇を目指すチームに水をさしたくない」との意向からこの日の発表となった。

 江草は02年に自由枠で阪神に入団。05年には中継ぎ投手としてチームを支え、51試合に登板。桟原、橋本とともに「SHE」の一角を担い、リーグ優勝に貢献した。

 11年シーズン途中の5月に、黒瀬との交換トレードで西武に移籍。12試合に登板した。12年3月に嶋との交換トレードで、地元広島に移籍。在籍6年で52試合に登板した。展開によってテンポを変えて投げる技巧派としてチームを支えた。今季の1軍登板はなかったが、人望も厚く、若手に慕われていた。畝投手コーチは「困った時にイニングを重ねてくれた。どういう状況でも文句をひとつ言わず、いろんな球団を渡り歩いた経験を持ってテンポよく投げて助けてくれた」と惜しんだ。

 またプライベートでは12年3月に、当時バレーボール全日本のメンバーだった竹下佳江と結婚していた。

 トミー・ジョン手術を受けるなどしながらも、全力で駆け抜けてきた現役生活に別れを告げる。

【阪神タイガース】安藤が今季限り現役引退

阪神安藤が今季限り現役引退 きょう会見で表明

 阪神安藤優也投手(39)が今季限りで現役引退することが14日、分かった。プロ16年目の今季は若手重用のチーム事情もあって1軍に昇格できなかった。体力の衰えもあり、12月で40歳になるチーム最年長投手は自ら決断した。今日15日に発表、兵庫・西宮市内で会見に臨む。

 外角低め速球を生命線に奮闘したが、夏に入って引き際を悟った。ウエスタン・リーグでは8月初旬まで防御率0点台を保っていたが、その後は打ち込まれるケースが続いた。球団とは9月に入って、去就について話し合ったという。

 それでも阪神の一時代を支えた功績は色あせない。星野監督が指揮した03年はセットアッパーに転向して51試合に登板し、18年ぶりのリーグ優勝に貢献した。05年は先発で11勝を挙げ、2度目の優勝を経験。昨季まで4年連続50試合以上登板し、先発、救援で通算77勝66敗11セーブ、92HPを重ねた。今後の進路は未定。今季の甲子園最終戦で引退試合を行う方向で25日DeNA戦が濃厚だ。

【BCリーグ】BCリーグ福島の選手兼任監督、岩村明憲内野手が引退

岩村引退「母が打たせてくれた2本塁打」が思い出

 今季限りで現役引退するBCリーグ福島の選手兼任監督、岩村明憲内野手(38)が10日、都内で引退会見を行った。

 会見の冒頭は自ら引退のあいさつを行った。

 「21年間という生活になりましたが、いろいろな思い出があり、振り返るのは難しいですが、1試合1試合全力で駆け抜けてきたという感じです。両親、家族に感謝しながら、野球生活を続けられたことを誇りに思ってます。これからも野球界に携わっていきたい。経験したことを後輩たちに伝えないといけないという覚悟で精進していきたい」と言った。

 引退を決意した理由については「今BCリーグに在籍していますが、プロ野球から離れて3年目。自分の中で引き際をどう決めたらいいかという思いは1年目からありました。ただ体が動くうちは野球をしたかった。若い選手とともにここまでやってきました。BCリーグにはいろいろなルールがあります。監督という立場で選手を育てていく中で、自分の名前が選手の足かせになっているところもあった。トータル的に考えて、今年いっぱいで引退した方がいいのかなと、自分の中で結論を出しました」と説明した。

 思い出の試合については「18歳でドラフト指名して頂き、多くの試合を経験させて頂いた。昨日、長野で試合があって帰りの新幹線でいろいろなことを考えながら帰ってきました。いろいろ考えたが、1試合に絞るのは難しい。その中で数試合挙げさせてもらいたい。01年でヤクルト優勝した瞬間、自分の母親が亡くなった日に試合に出てホームラン2本打てたことも、母親が打たせてくれた。あとはWBCでの世界一になった瞬間も大きかった。ボストンでのアメリカンリーグチャンピオンシップの第7戦も印象に残ってます」と話した。

 会見は福島・郡山市でも行う。

 岩村は96年に宇和島東高(愛媛)からドラフト2位でヤクルトに入団。06年までプレーした後、07年に米大リーグのデビルレイズ(現レイズ)に入団。08年にはワールドシリーズ進出を果たした。パイレーツ、アスレチックスと3球団に所属した後、11年からは楽天、13年からはヤクルトにそれぞれ2年間在籍。15年に福島ホープスの選手兼任監督に就任した。

 NPBで13年、MLBで4年の計17年間で1585本(日本では1172本)の安打を放ち、強打の内野手として活躍した。WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)では06年、09年の日本代表選手として、2大会連続の世界一を経験した。

【OB】元中日川上憲伸が引退表明「ユニホームを脱ぐ決意」

元中日川上憲伸が引退表明「ユニホームを脱ぐ決意」

 前中日の川上憲伸投手(41)が19日、CBCテレビ「サンデードラゴンズ」に生出演し、現役引退を正式に表明した。右肩の故障に悩まされ、15年限りで中日を自由契約。その後は所属先がなく、野球評論家としても活動していたが、引退表明はしていなかった。「ユニホームを脱ぐ決意をしました。お世話になった方や声援をくれたファンの皆さんに感謝しています」と笑顔であいさつ。思い出の出来事には02年8月の巨人戦(東京ドーム)の無安打無得点試合を挙げた。

 徳島商高、明大を経て98年ドラフト1位で中日入り。初年度に14勝で新人王。04年は最多17勝でリーグ優勝に貢献。沢村賞とMVPも受賞した。08年オフにブレーブスにFA移籍し、メジャー通算8勝22敗。12年から中日に復帰し、14年は球団最多7度目の開幕投手も務めた。日本通算275試合、117勝76敗。

 今後も野球評論家として活動を続ける。

【BCリーグ】ヤクルト由規の弟・貴規が現役引退

「プロ復帰卒業」ヤクルト由規の弟・貴規が現役引退

 

BCリーグ福島ホープスを退団した貴規外野手(24)が現役引退を宣言したことが4日、分かった。

 自身のブログを同日更新し「野球でプロに復帰することを卒業しました…。卒業と言ったら、奇麗事にしか聞こえないかもしれません。だけど、僕の中で本気で悩み、考えついた答えがこれでした」と書き込んだ。昨年に3度目のトライアウトを受験するも声がかからず、福島を任意引退で退団。プロ復帰の道を模索していたが、一区切りをつけた模様だ。

 同ブログでは、精神的な原因などで送球動作に支障をきたす「イップス」に、中学の頃から苦しめられていたことを明かした。10年には兄由規投手(27)の背中を追ってヤクルトに育成枠で入団。利き腕とは逆の左腕で投げる練習にも取り組んだが、送球面の不安が解消されず14年に戦力外通告を受けた。その後は福島で2年連続打率3割以上をマークするも、プロ復帰は実現しなかった。

 現在はアルバイトをしながら就職活動に取り組んでいる。ブログを通じて「野球で稼げなかった分、次に絶対に稼いでその仕事で胸を張れるようにするんだ!」と前向きに宣言。社会人としての第1歩を踏み出そうとしている。