トレード

【トレード】ヤク八木とオリ近藤のトレード発表

ヤク八木とオリ近藤のトレード発表 八木「正直、驚いています」

 ヤクルトは17日、八木亮祐投手(25)とオリックス・近藤一樹投手(33)の交換トレードが成立したと発表した。

 八木は球団を通じて「急な事で正直、驚いています。入団してから7年半、たくさんの方々にお世話になり、大変感謝しています。恩返しをする意味でも、新たな気持ちで頑張っていきたいと思います。これからも応援よろしくお願いします」とコメントした。

 近藤の入団会見は20日を予定している。

【読売ジャイアンツ】大塁選手を北海道日本ハムファイターズ乾選手と交換トレード

巨人が日本ハム乾獲得 大累と交換トレード

 巨人大累進内野手(25)と日本ハム乾真大投手(27)のトレードが両球団で合意に達したことが11日、分かった。同日中に発表される。

 中継ぎ左腕の強化を図る巨人と、若手内野手を補強ポイントに挙げている日本ハムの思惑が合致した。

 大累は12年ドラフト2位で入団。1軍出場は2試合のみにとどまっているが、50メートル5秒7の快足が最大の売りで、潜在能力は高い。日本ハムが本拠地を置く北海道出身のご当地選手でもある。

 乾は10年ドラフト3位で入団。中継ぎ左腕として活躍し、12年には1軍で36試合に登板。140キロ台中盤の速球を武器に奪三振能力が高く、プロ通算78回1/3で75三振を奪っている。

【トレード】日本ハム 藤岡がDeNAに金銭トレードで移籍

日本ハム・藤岡がDeNA移籍 金銭トレード「突然で驚き」

 DeNAが日本ハムから金銭トレードで藤岡好明投手(31)を獲得した。30日、両球団から発表された。

 藤岡はJR九州から2005年の大学・社会人ドラフト3位でソフトバンクに入団。主に中継ぎとして初年度は5勝3敗1セーブ26ホールドの成績を残した。14年に日本ハムに移籍したが、昨季はわずか6試合の登板に終わり、今季は1試合に登板していた。プロ10年間の通算成績は19勝15敗1セーブ52ホールドで、防御率は3.81。

 藤岡は日本ハムを通じ「北海道と鎌ケ谷のファンの皆さんには短い間でしたが温かく支えていただき、感謝の気持ちでいっぱいです。ファイターズに来てから思うように期待に応えられず、悔しさが残ります。突然のことで驚きはありますが、環境が変わっても自分のパフォーマンスを高められるようしっかり努力していくつもりです。ご声援ありがとうございました」とコメントした。

【トレード】2014年5月2日

武山 真吾 捕手 52 埼玉西武 → 中日 49(金銭トレード)

5/3、埼玉西武ライオンズから中日ドラゴンズへ移籍した武山真吾選手の入団会見がナゴヤドームで行われました。
会見で武山選手は「埼玉西武ライオンズからきました武山真吾です、12年目です。キャッチャーとしてしっかりチームの勝利に貢献できるように、ピッチャーを引っ張っていけるように頑張っていきたいと思います。自分は二塁の送球、しっかりランナーを刺すという気持ち、そこを見てほしいです。ガムシャラに頑張りますので、よろしくお願いいたします」と意気込みを話しました。(記事

【トレード】2014年3月31日

3月31日(月)、北海道日本ハムファイターズ今浪隆博内野手(29)と、東京ヤクルトスワローズ増渕竜義選手(25)の交換トレードが成立。

今浪選手コメント

「ファイターズでの7年3カ月、ファンの方々には温かいご声援をいただきありがとうございました。今年は北海道新十津川町の応援大使を務めている最中でしたし、シーズン途中のトレードは残念でなりませんが、新天地で活躍して恩返しできたらと思います。札幌ドームでプレーする機会もありますので、今後とも変わらぬご声援をよろしくお願いいたします」

増渕投手コメント

「突然の事で凄く驚いています。ヤクルト球団には入団以来7年間お世話になりさみしい気持ちは強いですが、この機会を前向きにとらえ、チャンスをいただいたと思っています。新天地での活躍が皆様への恩返しになると思います。チームは変わりますが、これからも応援をよろしくお願いします」