獲得

【横浜DeNAベイスターズ】シリアコが入団会見

DeNAシリアコが入団会見 外野コンバート案も

 DeNAの新外国人選手、アウディ・シリアコ内野手(29)が26日、横浜市の球団事務所で入団会見を行った。

 独立リーグのBCリーグ・石川から、トライアウトを経て加入。シリアコは「今日、こういう場にいられることを光栄に思う。神様に感謝したい」と笑顔を見せた。

 同席した高田繁GM(71)は「非情にパワフルな打撃で足も速い。守備では三塁手として十分にやってもらえるという評価。(米国の)3Aでは外野手もやっていたということなので、三塁がメーンだけど、シーズン中に外野にも取り組んでもらおうという話はした」と、外野へのコンバート案も明かした。昨季1年間、日本でプレーしていたとあって覚えた日本語は「ちょっと待って」、好きな日本食は「焼き肉」と、環境には慣れている。

 背番号は98番に決まり、シリアコは「一つ約束したいのは、100%、全力でプレーすること。しっかりと活躍したい」と誓っていた。

【広島東洋カープ】新外国人ブレイシア「競争心、闘争心見せたい」

広島新外国人ブレイシア「競争心、闘争心見せたい」

 広島の新外国人ライアン・ブレイシア投手(29=3Aナシュビル)が25日、広島市内のマツダスタジアムにて来日会見を行った。

 背番号70のユニホームに袖を通した最速約159キロ右腕は「選手として強い気持ちを持って競争します。競争心、闘争心を見せていきたい。アグレッシブに投げていくのが強みだと思っています」と意気込んだ。

 直球とスライダーを武器に、昨季は3Aで46試合すべてで中継ぎ登板し、10・4の奪三振率を記録した。「しっかりとした自分の球を投げることを心掛けた。まずは自分に任せられた場所。そこで1イニング、それが1球でもいいので、全身全霊、すべてを込めた球を投げたい」。広島でも中継ぎでの起用が濃厚。ジェイ・ジャクソン投手(29)やブレイディン・ヘーゲンズ投手(27)らと外国人枠を争うことになる。

 日本プロ野球を動画サイトなどでチェックし、すでに行っているブルペン投球ではクイックも取り入れる。日本適応でブルペン強化のキーマンとなる。

【北海道日本ハムファイターズ】左腕エスコバー獲

日本ハム、左腕エスコバー獲得「まだまだ成長する」

 日本ハムは11日、新外国人としてベネズエラ出身で、インディアンスのエドウィン・エスコバー投手(24)と契約合意したと発表した。

 身長188センチ、体重102キロの左腕で、推定年俸9000万円プラス出来高払いの1年契約、背番号は42。14年にメジャーデビュー。昨季はダイヤモンドバックスで先発2試合、リリーフで23試合に登板し、1勝2敗だった。栗山監督は「24歳という若さで、よく決断してくれた。まだまだ成長する可能性を感じます」とコメントした。

【四国IL】マニー・ラミレス、独立L高知と契約合意

マニー・ラミレス「感謝」独立L高知と契約合意

 プロ野球独立リーグの四国アイランドリーグplusの高知が9日、インディアンス、レッドソックスなどで活躍し、大リーグ通算555本塁打を誇るマニー・ラミレス外野手(44)と契約合意したと発表した。

 この日、フロリダ州マイアミ近郊で入団交渉を行っていた。ラミレスは球団ホームページに「日本でプレーすることを強く希望していました。現役選手としてプレーすることにこだわっているので高知球団に受け入れてもらって感謝しています。日本でプレーしていることをとても楽しみにしています。ぜひ見に来てください」とコメントを寄せた。

 梶田宙球団社長も「メジャーリーグで多大なる成績を残したラミレス選手に高知に来ることを決断いただき感謝しています。NPBやトップリーグを目指すために、国や年齢関係なしに環境を提供できてよかったと思います。また、ラミレス選手も日本の野球人口が減っていることを危惧しており、そういった面でも高知だけでなく日本を盛り上げたいという思いも合致しました」と説明した。来日日程や契約期間などは調整中。昨年11月下旬にラミレス側から逆オファーを受けたのがきかっけだった。メジャーの超大物が高知へ。夢物語が現実になった。

【中日ドラゴンズ】育成でキューバのウルヘジェス獲得へ

中日が育成で“キューバ版誠也”ウルヘジェス獲得へ

 

中日がキューバの若手有望株、レオナルド・ウルヘジェス外野手(23=イスラ・デ・ラ・フベントゥド)を獲得することが5日、分かった。育成契約を結び、今日6日にも発表される。3月のWBC代表候補からは漏れたが、昨秋までのキューバ国内リーグで、主要3部門で10傑入りした右の強打者だ。高い守備力も備え、「キューバの鈴木誠也」とも言える男の加入に期待が高まる。

 神ってる男がカリブ海から中日にやってくる。ウルヘジェスは18歳から国内リーグでプレー。野球大国でも屈指の有望株と注目されてきた。育成からのスタートになるが、1歳下で今季大ブレークした広島鈴木誠也のように、急激に頭角を現す可能性を秘めている。開幕前の支配下契約すら期待させる逸材だ。

 昨秋の球宴では犠飛と豪快な決勝ソロで全打点を挙げてMVP。スターダムにのし上がった。昨秋までの国内リーグでも全45試合に出場して全部門でキャリアハイをマーク。打点はトップとわずか2差の38。打率3割7分2厘、6本塁打はともに10位だった。キューバ選手特有の懐の深い構えから、大きなフォロースルーで打球を運ぶセンスが最大の魅力。右翼で11補殺を記録した守備力も光る。

 獲得は同国に絶対的な人脈を持つオマール・リナレス巡回コーチの推薦だった。10月には森監督直々に現地で練習を視察した。中日が、亡命していないキューバ選手を獲得するのは02年から3年間在籍した、そのリナレス以来。ただ当時は、リナレスの長年の功績に加え、中日とキューバ政府の良好な関係もあって実現した特例だった。

 ウルヘジェスは今日6日にも獲得が発表される。さらにキューバからもう1人、WBC代表候補の投手とも育成契約する予定だ。獲得予定の新外国人を含めた支配下選手は67人だが、まだ3枠空いている。同じ右の大砲タイプのビシエド、ゲレーロが看板になる今季の中日打線。だが、将来性たっぷりの「3人目の男」は先輩助っ人2人をも脅かすかもしれない。

 ◆レオナルド・ウルヘジェス 1993年、キューバ生まれ。18歳だった11年にイスラ・デラ・フベントゥドでデビューし、14年から出場機会を増やす。昨年10月に終了した国内リーグは全45試合に出場。145打数54安打で打率3割7分2厘、6本塁打、38打点。その後行われた球宴では2打点でMVPに輝いた。181センチ、88キロ。右投げ右打ち。

 ◆今季の中日外国人 支配下6人、育成2人の態勢になる。野手は2年目のビシエドに加え、アレックス・ゲレーロ内野手(30=元ドジャース)を獲得。両大砲が打線の軸になる。投手は先発のバルデスとジョーダンが残留。抑え候補として身長2メートル左腕エルビス・アラウホ投手(25=マーリンズ)と、先発・中継ぎ両面できるルヘ・ロンドン投手(28=ホワイトソックス傘下)も獲得する。

【中日ドラゴンズ】2m左腕アラウホと契約、右腕ロンドンも

中日が2m左腕アラウホと契約、右腕ロンドンも

 中日は6日、獲得が明らかになっていたエルビス・アラウホ投手(25=マーリンズ)とホルヘ・ロンドン投手(28=ホワイトソックス傘下)との契約成立を正式発表した。ともにベネズエラ出身。

 メジャー2年で72試合登板のアラウホは左投げ左打ち。年俸8000万円プラス出来高払い。背番号49。身長2メートル、体重125キロの巨漢で、今季のNPBで最重量投手になる見通しだ。「日本の野球のレベルは高いと聞いているが、自分の力を精いっぱい出してチームに貢献したい」。日本のアニメをテレビを見るのが趣味で、特にドラゴンボールが好きだという。「チャンスがあれば漫画家の鳥山明さんにお会いしたい」と愛知県に住む作者との対面も希望した。

 メジャー13試合登板のロンドンは右投げ右打ち。5000万円プラス出来高払い。背番号91。186センチ、99キロ。160キロ近い速球を武器とする。「日本でプレーしたいと思っていた。チームの勝利に貢献できるよう頑張る」。

 西山球団代表によると、ともに最初はリリーフ候補としてスタートするが、アラウホは先発挑戦にも意欲を示している。適性やチーム事情を踏まえながら2人の役割を決めるという。

【中日ドラゴンズ】メジャー13試合登板の右腕ロンドンを獲得

中日、メジャー13試合登板の右腕ロンドンを獲得

 中日は6日、獲得に動いていたメジャー13試合登板の右腕ホルヘ・ロンドン投手(28=ホワイトソックス傘下)との契約を正式発表した。

 年俸5000万円、背番号91。160キロに迫る直球とスライダーが武器で、救援として計算されている。「日本でプレーしたいと思っていた」とコメント。また昨季所属したジョーダンとの再契約も発表した。年俸は3000万円のまま。外国人は野手2人、投手4人になり、支配下選手68人でキャンプインする。(金額は推定)

【千葉ロッテマリーンズ】メジャー20発男パラデス

ロッテにメジャー20発男パラデス「当たれば飛ぶ」

 ロッテは5日、前フィリーズのジミー・パラデス内野手(28)の獲得を発表した。1年契約で、推定年俸120万ドル(約1億3800万円)。背番号は未定。ドミニカ共和国出身で、二塁、三塁、遊撃の他、外野も守る。191センチ、91キロで右投げ両打ち。

 退団したデスパイネに代わる4番候補。メジャー通算332試合で20本塁打、100打点、打率2割5分1厘。15年にはオリオールズで自己最多104試合、10本塁打を記録。最終的には打率2割7分5厘も、5月中旬まで3割5分前後と好調で、同僚から「ベーブ・ルース」と呼ばれた。

 林球団本部長は「三振も多い(メジャー通算287三振)が、当たれば飛ぶ。大きいのを打てる打者として獲得した。基本、DH」と期待した。日本人投手では、ヤンキース田中に対し6打数2安打の成績を残している。

【中日ドラゴンズ】育成でキューバのウルヘジェス獲得へ

中日が育成で“キューバ版誠也”ウルヘジェス獲得へ

 中日がキューバの若手有望株、レオナルド・ウルヘジェス外野手(23=イスラ・デ・ラ・フベントゥド)を獲得することが5日、分かった。育成契約を結び、今日6日にも発表される。3月のWBC代表候補からは漏れたが、昨秋までのキューバ国内リーグで、主要3部門で10傑入りした右の強打者だ。高い守備力も備え、「キューバの鈴木誠也」とも言える男の加入に期待が高まる。

 神ってる男がカリブ海から中日にやってくる。ウルヘジェスは18歳から国内リーグでプレー。野球大国でも屈指の有望株と注目されてきた。育成からのスタートになるが、1歳下で今季大ブレークした広島鈴木誠也のように、急激に頭角を現す可能性を秘めている。開幕前の支配下契約すら期待させる逸材だ。

 昨秋の球宴では犠飛と豪快な決勝ソロで全打点を挙げてMVP。スターダムにのし上がった。昨秋までの国内リーグでも全45試合に出場して全部門でキャリアハイをマーク。打点はトップとわずか2差の38。打率3割7分2厘、6本塁打はともに10位だった。キューバ選手特有の懐の深い構えから、大きなフォロースルーで打球を運ぶセンスが最大の魅力。右翼で11補殺を記録した守備力も光る。

 獲得は同国に絶対的な人脈を持つオマール・リナレス巡回コーチの推薦だった。10月には森監督直々に現地で練習を視察した。中日が、亡命していないキューバ選手を獲得するのは02年から3年間在籍した、そのリナレス以来。ただ当時は、リナレスの長年の功績に加え、中日とキューバ政府の良好な関係もあって実現した特例だった。

 ウルヘジェスは今日6日にも獲得が発表される。さらにキューバからもう1人、WBC代表候補の投手とも育成契約する予定だ。獲得予定の新外国人を含めた支配下選手は67人だが、まだ3枠空いている。同じ右の大砲タイプのビシエド、ゲレーロが看板になる今季の中日打線。だが、将来性たっぷりの「3人目の男」は先輩助っ人2人をも脅かすかもしれない。

 ◆レオナルド・ウルヘジェス 1993年、キューバ生まれ。18歳だった11年にイスラ・デラ・フベントゥドでデビューし、14年から出場機会を増やす。昨年10月に終了した国内リーグは全45試合に出場。145打数54安打で打率3割7分2厘、6本塁打、38打点。その後行われた球宴では2打点でMVPに輝いた。181センチ、88キロ。右投げ右打ち。

 ◆今季の中日外国人 支配下6人、育成2人の態勢になる。野手は2年目のビシエドに加え、アレックス・ゲレーロ内野手(30=元ドジャース)を獲得。両大砲が打線の軸になる。投手は先発のバルデスとジョーダンが残留。抑え候補として身長2メートル左腕エルビス・アラウホ投手(25=マーリンズ)と、先発・中継ぎ両面できるルヘ・ロンドン投手(28=ホワイトソックス傘下)も獲得する。

【千葉ロッテマリーンズ】パラデス獲得、メジャー通算20本塁打

ロッテ パラデス獲得 メジャー通算20本塁打

 

ロッテは5日、昨季はブルージェイズ、フィリーズでプレーしたジミー・パラデス内野手(28)の入団が決まったと発表した。1年契約で、推定年俸は120万ドル(約1億3800万円)。背番号は未定。

 ドミニカ共和国出身で、二塁、三塁、遊撃の他、外野も守る。右投げ両打ち。191センチ、91キロ。

 エドガー・メルセデス・ベースボール・アカデミーから、06年にヤンキース入り。10年からアストロズに移り、11年にメジャーデビュー。その後、ロイヤルズ、オリオールズ、ブルージェイズ、フィリーズでプレーした。

 メジャー通算は332試合、20本塁打、100打点、打率2割5分1厘。15年にはオリオールズで自己最多104試合に出場し、10本塁打、42打点、打率2割7分5厘を残した。

 球団を通じ「マリーンズの球団とファンが誇りに思えるような選手になりたいので、毎日全力で精いっぱい頑張り、全力で出し切るつもりで日本一を目指します」と意気込みを語った。

 林球団本部長は「三振も多い(メジャー通算287三振)が、当たれば飛ぶ。ダフィーを取ったが、大きいのを打てる打者として獲得した。基本、DHと思っている」と、退団したデスパイネに代わる4番候補に期待した。今後の外国人補強については「もう1人、投手を取れたらいいとは思っている。野手は絶対とは言わないが、ほぼその可能性で」と、先に獲得したダフィーとの2人で臨む方針だ。