監督談話

【東北楽天ゴールデンイーグルス】2017/11/06 梨田監督

「体が大きい。いい男だ。男前だね」/梨田監督

 楽天梨田昌孝監督は、ドラフト1位指名した岡山商大・近藤弘樹投手(22)のもとヘ指名あいさつに訪れて初対面。

 「体が大きい。いい男だ。男前だね。帽子をかぶっていない方がいい。彼だけ、帽子なしで投げたらいいね」。

 梨田監督はかつて近鉄時代に小林繁氏、真弓明信氏と「男前トリオ」を結成していた。

 「少し引っ込み思案なところもある。ピッチャーはしっかりとインコースを投げないといけない」と端正なマスクの中に、強い男らしさも求めていた。

【阪神タイガース】2017/11/03 金本監督

「17勝するわ(笑い)」/金本監督
 阪神大山悠輔内野手が3日、高知・安芸での秋季キャンプで初の特守に臨んだ。今秋から本格挑戦している二塁守備で軽快な動きを披露。金本知憲監督のコメント。

 「まずは競争だけどね。もともとサードをやっていて、逆方向のファーストでもうまかった。肩も強いし、送球もいい。守りに関してはいいものを持っている。チャレンジさせたい。今だったら、大型は誰かな。山田とか小久保も昔はセカンドだった。浅村にしても」。

 メイン球場の三塁ファウルゾーンで行われたロングティーでは左翼ポール際に130メートル級の場外弾を連発。左翼96メートルの後方にある約8メートルの防護ネットを軽々とオーバー。

 「(自分は)ロングティーはうまく飛ばせなかった。今の選手は、よっぽどうまい。今の選手を見て、ロングティーの飛距離はすげえなと思う。ヘッドを利かせて(ボールを)運ぶ。いいポイントで、とらえるものをもともと持っている。あとは体に力がつけば」。

 その他の一問一答は以下の通り。

 -小野が2ケタ勝てば

 金本監督 それぐらい目標にしてほしい。十分いける力はあると思う。変化球のコントロール。カウントを取る球とボールゾーンに。それができれば、17勝するわ(笑い)。

 -大山がロングティーで飛距離を見せていた。ロングティーで飛ばすのは難しい

 金本監督 難しいと思うよ。飛ばし方を覚えているんでしょうね。あとは体に力がつけば。どっちかというと、おれは無重力のボールを打つのは下手だった。ロングティーはうまく飛ばせなかった。今の選手は、よっぽどうまいと思うよ。ピッチャーの球のほうが、うまく力を利用して、押し込むことができた、自分で言うのもなんだけど。今の選手を見て、ロングティーの飛距離はすげえなと思う。

【読売ジャイアンツ】2017/11/03 高橋監督

「ボールが飛ぶのかと思った」/高橋監督

 巨人は今季から投球角度や回転数、打球速度などを分析できる弾道測定機「トラックマン」を導入。前夜は今季蓄積したデータを元にアナリストを招き、首脳陣が活用法などの講習を受けた。高橋由伸監督のコメント。

 「少し話を聞いただけでも、ああいうところに生かせるかなというのは当然あった」。

 秋季キャンプでは若手野手のパワーアップを実感した。今季最終戦で満塁弾で初本塁打を飾った2年目の山本がロングティーで柵越えを連発。期待の大砲候補、岡本もフリー打撃でスタンド中段まで運んだ。

 「こっちに来てから山本が打つから、ボールが飛ぶのかと思ったけど、みんな飛んでたから安心したよ(笑い)」。

【千葉ロッテマリーンズ】2017/10/30 井口監督

「一番大事な場面で素晴らしい走塁」/井口監督

 ロッテ井口資仁監督は日本シリーズ第2戦のテレビ中継で解説を務めた。7回にソフトバンク今宮がリプレー検証の末、決勝の生還を果たしたことを手本に挙げた。

 「一番大事な場面で素晴らしい走塁だった。見習わないと」と絶賛。

 秋季練習を終えたが「この時期に、あそこ(日本シリーズ)に立つという思いで試合を見てほしい」と自軍選手の発奮を願った。