千葉ロッテマリーンズ

【千葉ロッテマリーンズ】2017/10/17 井口監督

「浦和や鴨川で」/井口監督

 ロッテ井口資仁監督が3日間のフェニックスリーグ視察を終了。雨で3試合とも中止だったが、練習中に積極的にコーチ陣や選手と会話した。

 「良いコミュニケーションが取れた。しゃべれなかった選手とは、浦和や鴨川で。十分、時間はある。どう悩み、どういう選手になりたいのか聞きたい」。

【千葉ロッテマリーンズ】来季公式チアパフォーマー募集

ロッテ 来季公式チアパフォーマー募集

 ロッテは16日、球団公式チアパフォーマー「M☆Splash!!」2018年新メンバーオーディションの開催要項を発表した。

 主催試合への出演、各種ファンサービスイベントのサポート、球場外でのイベントへの出演、ボランティア等社会貢献活動、保育園、幼稚園、小学校等の学校訪問、球団プロモーション活動への出演、マリーンズ・ダンスアカデミーのインストラクター業務などを行う。

 募集締め切りは、11月17日必着(持ち込み不可)。

 応募資格は、18歳以上の女性(高校生不可。未成年者は保護者の同意が必要)で、18年シーズン中のホームゲームやイベント、定期レッスンに責任を持って参加できる人。合格後スタートするレッスン及びリハーサルに参加できる人。特定のプロダクションに所属していない人など。ダンス経験は必須ではないが、ダンス歴の長短を問わずダンスを経験していることが望まれる。

 1次審査(書類審査)の後、2次審査(規定演技、自由演技、面接)を行う。2次審査は、12月1日午後6時~10時、または12月3日午後1時~6時のうち、いずれかに参加する。

 最終審査(一般公開形式で規定演技、自由演技、自己PR)は、12月10日で、最終審査の詳しい時間や場所は後日球団ホームページで発表する。

 専用のエントリーシートのダウンロードなど、応募方法の詳細は球団ホームページまで。

【千葉ロッテマリーンズ】2017/10/14 井口監督

「1、2軍の枠を撤廃したい」/井口監督

 ロッテ井口資仁新監督が就任会見を開いた。

 「マリンを最大限に生かした攻撃的な野球をしたい」。

 来春の石垣島キャンプでは全員同じスタートラインに立たせる。

 「キャンプでは1、2軍の枠を撤廃したい。期間を区切り、競争を激しくする。人数が多すぎて順番を待つ時間をなくしたい」。

 メジャー経験者では初めて12球団の監督となった。

 「(日米)両方の良いところを自分の色として出したい」。

【千葉ロッテマリーンズ】1軍打撃コーチに金森栄治氏を招へいへ

ロッテ、1軍打撃コーチに金森栄治氏を招へいへ

 ロッテが来季の1軍打撃コーチに、現在はノースアジア大(北東北大学野球)コーチの金森栄治氏(60)を招聘(しょうへい)する方針であることが10日、分かった。

 10~12年にロッテでコーチを務め、6年ぶり復帰となる。ダイエーのスコアラーだった03年に井口を指導。その年、井口は打率3割4分で、初の3割超えに導いた。

 ロッテは今季、5月末までチーム打率1割台という極度の貧打に陥り、最下位の要因となった。新監督の“師匠”を招き、攻撃力アップを図る。

【千葉ロッテマリーンズ】2017/10/10 伊東監督

「成長を楽しみに見届けたい」/伊東監督

<楽天5-0ロッテ>◇10日◇Koboパーク宮城

 今季で退任するロッテ伊東勤監督が5年間の指揮を終えた。

 今季最終戦には若手中心で臨み、試合前「今日は1番から9番まで、全部ホームランを打て、と言った。好きにやらせます。サインは、あまり出しません。選手がどれだけ成長したか、見てみたい。相手は岸。良い投手に、どれだけ自分たちの力を出せるか」と話した。

 今季初の5連勝は逃し、球団史上最多87敗で借金33。自身初の最下位で終えた。

 「今日出た若い人たちが将来、チームを支える選手になってくれれば。良い思い出がたくさん。教え子が増えたので、成長を楽しみに見届けたい」。

 最後にファンへのメッセージを送った。

 「良い思い出をたくさんしてきた。ファンの皆さんは、どういう状況でも応援してくれた。心が折れそうになっても、奇跡を信じて応援してくれた。感謝です。5年間、皆さんと一緒にやれた。最高の5年間でした」。

【千葉ロッテマリーンズ】2017/10/09 伊東監督

「貯金することなく惨憺たる成績」/伊東監督

<ロッテ6-1オリックス>◇9日◇ZOZOマリン

 ロッテ伊東勤監督は本拠最後の指揮を白星で飾った。

 ファンへの最後のあいさつで「今年こそはと挑んだシーズンで開幕ダッシュに失敗し、貯金することなく惨憺(さんたん)たる成績。全て私の責任です」。

 「来年、選手たちをしっかりサポートして後押しして下さい」と締めた。

【千葉ロッテマリーンズ】2017/10/04 伊東監督

「本当なら風呂に入って帰っていた」/伊東監督

<ロッテ1-1楽天>◇4日◇ZOZOマリン

 9回2死から追いつかれての引き分けに、ロッテ伊東勤監督は苦笑いだった。

 「何て言ったらいいか。本当なら風呂に入って帰っていた」。

 12回1死満塁では代打吉田が2球続けて見逃し、3球目で空振り三振。

 「こういう試合を取らないと。(吉田は)チャンスだから3球振って欲しかった」。