中日ドラゴンズ

【中日ドラゴンズ】2017/10/01 森監督

「行ける準備をしておけよと言っていた」/森監督

<ヤクルト4-6中日>◇1日◇神宮

 中日浅尾が3-3の7回2死から登板し、史上3人目の通算200ホールドを達成した。森繁和監督のコメント。

 「勝ちか引き分けでしか、つかない。そういうチャンスがあれば行ける準備をしておけよと言っていた」。

【中日ドラゴンズ】浅尾、200ホールド達成

中日浅尾200ホールド「監督に気使わせ情けない」

<ヤクルト4-6中日>◇1日◇神宮

 中日浅尾が史上3人目の通算200ホールドを達成した。3-3の7回2死から登板し、広岡を外角のフォークで見逃し三振にした。「2年くらい足踏みしたのでホッとしています。うれしいけど、監督に気を使わせてしまい、情けない。申し訳ないです」。ホールド条件を整えてくれた首脳陣や仲間に感謝した。

 黄金時代の絶対的ストッパー。10年にはプロ野球記録の47ホールドを達成したが、近年は右肩痛に悩まされ、昨年はついに初の1軍登板なし。今年も2軍では投げていたが、初昇格は9月に入ってから。ホールドは15年9月以来だ。引退も頭をよぎっていた。

 「この2年間、どうしようかな…と思う時期があった。でも自分を分かってくれて、支えてくれる人がたくさんいた。いなかったら、もういいやとなっていたかも」。記念ボードと場内インタビュー。久しぶりの「晴れ舞台」に球場は沸いた。ファンに、浅尾は笑顔で何度も手を振った。【柏原誠】

 ▼通算200ホールド=浅尾(中日) 1日のヤクルト25回戦(神宮)で達成。山口鉄(巨人)宮西(日本ハム)に次いでプロ野球3人目。初ホールドは07年4月21日のヤクルト5回戦(神宮)。

【中日ドラゴンズ】2017/09/27 森監督

「勉強になったでしょう」/森監督

<巨人2-1中日>◇27日◇東京ドーム

 中日小笠原が7回6安打2失点と好投したが、村田に1発を浴び7敗目を喫した。森繁和監督のコメント。

 「勉強になったでしょう。結果だけども、(小笠原の阿部に打たれた)あの1点がなければ同点になって負けがついてなかったわけだから。それを感じてほしい。もう少し余裕があれば、あの球数(87球)だし投げさせてあげたかったけど」。

【中日ドラゴンズ】引退の森野が2軍打撃コーチ就任へ

引退中日森野が2軍打撃コーチ就任へ「やらなきゃ」

<中日3-2広島>◇24日◇ナゴヤドーム

 中日森野将彦内野手(39)が21年間の現役生活を笑顔で終えた。2点を追う7回無死一塁に代打で登場。一ゴロに倒れ、一塁走者に残ると1学年先輩の荒木が代走に出て交代。笑顔で握手を交わし、ベンチに下がった。サヨナラ勝利後、セレモニーで長男凌真(りょうま)さん(13)と長女凜(りん)さん(10)から花束を受け取ると、優しい顔になった。マウンド付近で胴上げされ、背番号と同じ7回宙に舞った。会見では「とにかく笑顔で終われて幸せ。悔いなく終われた。僕らしくていいと思います」とすがすがしく言った。

 7月2日の広島戦で右太もも裏を肉離れ。8月に2軍で実戦復帰したが再発した。ここ2、3年は思い通りの打撃ができずに苦しんだ。走りだすことも怖さを感じていた。「心の糸と肉の糸が切れた」とユニホームを脱ぐことを決意した。

 白井文吾オーナー(89=中日新聞社会長)は「打撃コーチとして正式にやってもらおうと構想している。彼はなかなか面白い男。チームが明るくなる」と明言。来季は2軍打撃コーチに就任することが有力になった。森野は「やらなきゃいけないでしょう。節目なのかなと思います」と後進育成に気合十分。勝負強い打撃でチームを支え、中日一筋21年。強竜復活へ、次の仕事に向かう。【宮崎えり子】

【中日ドラゴンズ】2017/09/23 森監督

「こんな試合をお客さんの前でしちゃ…」/森監督

<中日5-13DeNA>◇23日◇ナゴヤドーム

 中日がナゴヤドームでは3年ぶりの13失点で大敗した。森繁和監督のコメント。

 「今日、明日で(主催試合が)終わりだってときに、こんな試合をお客さんの前でしちゃいけない。いつでもそうなんだけど」。

【中日ドラゴンズ】2017/09/19 森監督

「本人が行かせてと、しつこいから」/森監督

<中日10-2巨人>◇19日◇ナゴヤドーム

 プロ初の完投勝利をあげた中日小笠原についての森繁和監督のコメント。

 「本人が(9回まで)行かせてと、しつこいから。ブルペンを休ませるのもいいかなと。四球、本塁打もあったけど、最後(9回)が一番良かったんじゃないの」。

 その他の一問一答は以下の通り。

 -10得点の大勝

 森監督 こういうゲームもあるのかと思ったね。

 -小笠原がプロ初完投

 森監督 慎之介が、どういう投球をするのかと、じっくり見ようと思っていたんだけど。四球、四球だったり、本塁打で点を取られたり。球数を投げさせてみようというのはあった。途中も、話をしながらね。今日は本塁打を打たれた。1つ上(完封)は、次に取っておくということで。野手も必死にボールを追いかけたりして、必死に小笠原を助けようというのが見えた。

 -松井佑が2打席連続本塁打で6打点の活躍

 森監督 あの満塁本塁打はまさかだね。向こうのミスもあったけど、うちもこういうゲームができるというのが見せられた。(故障で離脱中の)平田、大島も松井佑に感謝ですよ。

【中日ドラゴンズ】2017/09/18 森監督

「向こうも的を絞れなかったのかな」/森監督

<中日2-0巨人>◇18日◇ナゴヤドーム

 中日ドラフト4位の笠原が8回2安打無失点でプロ初勝利を挙げた。森繁和監督のコメント。

 「ちょっと荒れているところと素晴らしいカットボールとチェンジアップが要所で決まっていたから、向こうも的を絞れなかったのかな。今日のところは素晴らしい内容」と大絶賛した。

 広島の優勝については「対等に戦うのは難しいと認めざるを得ない。もう1点取れればという試合もあったが、差を埋めるのが難しい」。