プロ野球人事

【北海道日本ハムファイターズ】新ポスト1軍野手総合コーチに緒方耕一氏

日本ハム新ポスト1軍野手総合コーチに緒方耕一氏

 日本ハムの来季1軍野手総合コーチに、元巨人の緒方耕一氏(49=日刊スポーツ評論家)が就任することが30日、分かった。

 俊足巧打の両打ち打者として2度の盗塁王を獲得した同氏は、引退後も巨人でコーチを歴任。ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)でも2大会連続でコーチを務めた。野球理論と指導力に定評があり、走攻守の野手部門全般を指導することに加え、ヘッド格として作戦面での期待もかかる。

 連覇を逃し再出発を図る日本ハムに、心強い参謀が加わる。「1軍野手総合」というポストを新たに設け、経験豊富な緒方氏に白羽の矢を立てた。現役時代からの武器である状況判断の正確さを教え込むだけでなく、プロの世界で生き抜く厳しさも植え付ける。ドラフト1位で入団が確実な早実・清宮幸太郎内野手(18)ら有望な野手が多く、若いチームを鍛え、上昇させるためにうってつけの存在といえる。

 現在は解説、評論活動を行っている。緒方氏と球団双方の状況、事情を考慮し、このタイミングで合意に至ったもよう。調整がつき次第、明日11月1日から始まる沖縄・国頭での秋季キャンプに合流する予定だ。

 ◆緒方耕一(おがた・こういち)1968年(昭43)9月2日、熊本県生まれ。熊本工時代に甲子園出場、86年ドラフト6位で巨人に入団。90、93年に盗塁王。12年間の現役で二塁、遊撃、外野を守り、94年西武との日本シリーズで満塁本塁打を放った。1軍通算成績は685試合、打率2割6分3厘、17本塁打、130打点。02、03年と06~10年に巨人でコーチ、09、13年WBCでは日本代表コーチを務めている。現役時代は175センチ、68キロ。右投げ両打ち。

【福岡ソフトバンクホークス】育成吉本、伊藤に戦力外通告

ソフトバンクが育成吉本、伊藤に戦力外通告

 ソフトバンクは28日、ヤフオクドーム内の球団事務所で育成の吉本祥二投手(24)、伊藤大智郎投手(24)に来季の契約をしないことを通告した。

 11年ドラフト2位で入団し、育成3年を含む6年プレーした吉本は「今季、状態が上がらず覚悟はしていました。今は野球を続けようという気持ちにはなっていません」と引退する考えを明かした。育成では異例の7年在籍した伊藤大は「球団に感謝しています」。4月に右肘内側側副靱帯(じんたい)再建術を受け、全治1年で現在リハビリ中。現役続行の気持ちは強いが、トライアウトは受験できない状態だ。

【オリックス・バファローズ】藤井康雄氏が1軍打撃コーチに

藤井康雄氏が1軍打撃コーチに/オリックス組閣一覧

 オリックスは29日、来季のコーチ陣を発表した。

 ソフトバンクの今季2軍打撃コーチを務めた藤井康雄氏が1軍打撃コーチに就任する。スタッフは次の通り。

 【1軍】

▽監督 福良淳一(57=延岡工) 背番号78

▽ヘッド 西村徳文(57=宮崎・福島) 77

▽投手 高山郁夫(55=秋田商) 73

▽同 平井正史(42=宇和島東) 72

▽打撃 藤井康雄(55=泉州) 71

▽同 下山真二(41=立命大) 74

▽内野守備走塁 風岡尚幸(49=中部大春日丘) 76

▽外野守備走塁 佐竹学(43=東海大) 75

▽バッテリー 鈴木郁洋(42=東北福祉大) 82

▽ブルペン 別府修作(54=鹿屋商) 90

 【2軍】

▽監督 田口壮(48=関学大) 81

▽ヘッド兼育成統括 弓岡敬二郎(59=東洋大姫路) 85

▽チーフ兼打撃 米村理(58=郡山 86

▽投手 小林宏(46=広島経大) 89

▽同 小松聖(36=国士舘大) 88

▽打撃 辻竜太郎(41=明大) 79

▽内野守備走塁 勝呂寿統(54=千葉商) 83

▽外野守備走塁 早川大輔(42=立大) 84

▽バッテリー 三輪隆(47=明大) 70

▽育成 酒井勉(54=東海大) 80

▽同 斎藤俊雄(33=豊田大谷) 87

▽同 川端崇義(32=国際武道大) 96

【埼玉西武ライオンズ】シュリッター退団へ

西武シュリッター退団へ CSで勝負弱さ露呈

 西武ブライアン・シュリッター投手(31)が今季限りで退団する見通しであることが29日、分かった。

 加入1年目の今シーズンは中継ぎで64試合に登板し、1勝5敗32ホールド。勝ちパターン継投の一角として防御率2・83をマークしたが、シーズン終盤は精彩を欠く内容が続いた。敗退した楽天とのCSファーストステージでも、第3戦の1点を追う8回に2被弾。勝負どころでの不安定感もあり、球団は来季契約しない方針を固めたとみられる。シュリッターは現役続行を希望している模様。NPB、メジャーも含め、プレー先を探すことになりそうだ。

【福岡ソフトバンクホークス】大隣、山田、島袋が戦力外

ソフトバンク大隣が戦力外 山田とリハビリ中島袋も

 ソフトバンクは29日、大隣憲司投手(32)、山田大樹投手(29)、島袋洋奨投手(25)に対し、戦力外通告を行った。福岡・筑後市のファーム施設で通告した三笠球団統括本部本部長は、「それぞれといろいろ話をしました」と話した。

 06年希望枠左腕の大隣は主に先発で活躍し、08年に11勝、12年に12勝を挙げるなど、通算52勝(48敗)をマーク。13年6月には国指定の難病・黄色靱帯(じんたい)骨化症の手術を受けた。今季1軍登板は1試合にとどまり、今後は未定。

 06年育成ドラフト1位の山田は10年に支配下を勝ち取り、12年に8勝を挙げるなど通算24勝(26敗)。今季は1軍登板2試合。ウエスタン・リーグでは2年連続最多勝利投手賞(10勝)を獲得しており、他球団でのプレーに意欲を見せている。興南時代に甲子園で春夏連覇した島袋は、8月に左肘を手術してリハビリ中。球団は育成での再契約を検討している。

【埼玉西武ライオンズ】松井稼頭央15年ぶり復帰へ

松井稼頭央15年ぶり復帰へ 戦力外で西武即動く

 西武が、楽天を戦力外となった松井稼頭央外野手(42)を獲得することが27日、決定的となった。鈴木葉留彦球団本部長(66)が調査を行うことを明言。松井稼は現役続行への意思が強く、話し合いに進んだ場合、古巣への復帰に大きな支障はないとみられる。メジャー経験を積んだ経験豊富なベテランが、15年ぶりに復帰することになりそうだ。

 西武が3度のリーグ優勝を支えた男の獲得に動く。この日、楽天が松井稼と来季契約を結ばないことを発表した。鈴木球団本部長は「(契約)条件とか、いろいろな話を聞いてからじゃないと。すぐに決まるかは分からない。しっかり話しをしてからです」と、調査を進める考えを示した。

 球団は、松井稼が入団からの10年間、チームの大きな戦力となった貢献度を考慮。03年オフにFA権を行使して海を渡り、7年間メジャーで戦った豊富な経験もある。練習に真摯(しんし)に取り組み続ける姿勢は、若手にとって生きた教本になる。今月23日に42歳となったが、同本部長は「年齢的にはいっているが、かといってうちのOBでもある」と、これまでの実績を鑑みていることを示唆した。

 調査に向けては「向こう(松井稼)がどういうものを望むのかと、こちらが望むことが全く違うと成立しないから」としたが、松井稼は現役でのプレー続行を最優先に考えている模様。球団側も選手契約を念頭に置いている模様で話し合いに進んだ場合も、もつれる可能性は低いとみられる。

 西武復帰となれば15年ぶり。プロとして第1歩を踏み出したグラウンドに、百戦錬磨の男が再び立つことになりそうだ。【佐竹実】

【福岡ソフトバンクホークス】吉本らを戦力外通告へ

ソフトバンク「下町のダル」吉本らを戦力外通告へ

 ソフトバンクが11年ドラフト2位で現在育成の吉本祥二投手(24)、伊藤大智郎投手(24)ら育成選手数人に、早ければ今日28日にも戦力外通告を行うことが27日分かった。

 吉本は「下町のダルビッシュ」の異名で足立学園からプロ入り。同年1位の武田とともに期待されたが、15年からは育成契約。今春の宮崎キャンプではA組に抜てきされたが結果を残せなかった。

【野球日本代表】2017/10/25 稲葉監督

「非常にいい経験をさせてもらった」/稲葉監督

<みやざきフェニックス・リーグ:広島6-6日本ハム>◇25日◇天福

 侍ジャパンの稲葉篤紀新監督が古巣日本ハムを率い“初采配”を振るった。

 試合前「勝ちにこだわって采配します」と全選手に伝えており、接戦の末、引き分けた。

 「負けてもおかしくなかった。選手が最後まで諦めず、やってくれた。その時だけではなく、その後のことを含めて考えなくちゃいけない。非常にいい経験をさせてもらった」。

【東北楽天ゴールデンイーグルス】礒部コーチが今季限り退団

楽天礒部コーチが今季限り退団 近日中に発表へ

 楽天礒部公一1軍打撃コーチ(43)が今季限りで退団することが22日、分かった。

 近日中に発表される。96年ドラフト3位で近鉄入団。05年から楽天に移籍し、初代選手会長に就任した。09年に現役引退し、楽天の2軍育成コーチ、1軍打撃コーチ補佐、2軍外野守備走塁コーチなどを歴任し、15年秋から1軍打撃コーチの職に就いていた。球団創設から楽天一筋の男が、去ることになる。

【オリックス・バファローズ】楽天退団の米村氏を2軍コーチで招へい

オリックスが楽天退団の米村氏を2軍コーチで招へい

 オリックスが、今季まで楽天の1、2軍巡回外野守備走塁コーチを務めた米村理氏(58)を招へいすることになった。

 米村氏の楽天退団が22日に発表された。オリックスでの担当は2軍打撃コーチとみられる。オリックス2軍は今季、田口監督が打撃部門を兼任して辻打撃コーチと指導。来季から米村、辻コーチの2人制で、若手野手を鍛える。