【東京ヤクルトスワローズ】オンドルセク退団、本人申し入れを受理

LINEで送る
[`evernote` not found]
Delicious にシェア

ヤクルト・オンドルセク退団、本人申し入れを受理

 ヤクルトは21日、ローガン・オンドルセク投手(31)の退団が決まったことを発表した。代理人を通じて退団の申し入れがあり受理した。即日、ウエーバー公示の手続きを行った。

 オンドルセクは6月26日の中日戦に3点リードの9回から登板。味方の失策も絡み3点を奪われ降板した後、ベンチに戻ると真中監督やコーチ、チームメートに暴言を吐いた。翌日から謹慎処分となり30日から2軍に合流していたが、今月17日に家族の帰省に同行し米国に帰国していた。

 その後は代理人から相談を受け、球団内でも対応を検討してきた。この日、代理人から「立て直しをはかってきたが、精神的に困難」として退団の申し入れがあった。小川SDは、ベンチ内の様子が映像で流れたこともあり「和を重んじてきたチームであり、かなり衝撃的なことだった」と、言動の重大性を指摘した。現時点で新たに外国人選手を補強する方針はないという。