【読売巨人】高木京介投手との契約を解除

LINEで送る
[`evernote` not found]
Delicious にシェア

高木京、正直に告白「相当な差異」で失格1年

 プロ野球の熊崎勝彦コミッショナー(74)は22日、都内のNPB事務局で会見を行い、巨人高木京介投手(26)を野球賭博に関与したとして1年間の失格とし、巨人に制裁金500万円を科す処分を発表した。日本野球機構(NPB)の調査委員会から処分案の提出を受けて裁定を下した。巨人に所属しながら昨年11月に野球賭博に関わった福田聡志(32)、笠原将生(25)、松本竜也(22)の3元選手は無期失格処分だったが、高木京は野球賭博への関わりの薄さなどを理由に、1年間の失格になった。

 無期か1年か。野球賭博を禁じる野球協約180条の違反者は、いずれかの期間の失格処分を受けるが、高木京に下されたのは、昨秋に野球賭博関与が発覚した3人とは違う、1年間の失格処分だった。

 熊崎コミッショナーは高木京の行為について「真摯(しんし)にプレーしている多くのプロ野球選手の名誉も大きく傷つけるもの。プロ野球界に与える影響は大変大きいものがある。違反行為をしたことへの責任は、誠に重いものがある」と断じた上で、野球賭博への関わり方の違いに言及。「程度、深さ、期間、回数、それから経緯、その後の経緯といったものを分析、検討すると、客観的に見て、3選手との間に相当な差異が認められることは明らか」と説明した。

 調査委によれば、高木京は笠原元選手に誘われ、2014年4月末から5月上旬にかけて3~4回にわたって、プロ野球の8、9試合に賭けた。ただ、関与した期間は10日間ほどと短く、その後は野球賭博や裏カジノへの誘いを断ったとしている。巨人の試合での賭博や八百長への関与もなく、反社会的勢力との関係を認める証拠は得られなかったとした。

 昨年10月の調査で真実を話さずに、3月に週刊誌報道によって事実が明らかになった。この件も考慮した上での総合的な判断。熊崎コミッショナーは「その後、野球賭博常習者Bらとの関係を遮断、絶とうということを決意し、自らの違反行為を述べるに至った。調査委員会の事情聴取にも終始一貫して、詳細な知り得る限りの話をしている」として、「無期の失格処分ではなくて、1年間の失格処分にするのが妥当であるという結論に達した」と言った。 

 ◆失格処分中に就けない主な職業 NPBの選手(育成含む)、球団職員。米大リーグ、米独立リーグ挑戦。

韓国、台湾、中国、国内独立リーグ、社会人野球選手。高校野球指導者。