【中日ドラゴンズ】日本ハム谷元獲得へ

LINEで送る
[`evernote` not found]
Delicious にシェア

中日が日本ハム谷元獲得へ、成立なら1日即合流も

 中日が、日本ハム谷元圭介投手(32)の獲得交渉を進めていることが30日、分かった。金銭トレードが濃厚で、シーズン中の移籍期間が終わる今日31日に発表される。選手の交換になる可能性も残っている。

 森監督の1年目は5位に低迷しているが、CS進出の望みは捨てていない。谷元は167センチと小柄だが、伸びのある直球を武器に活躍を続けてきた。昨年はチームトップタイの58試合に投げてリーグ制覇に貢献した。

 9年目の今季も36試合登板と大車輪の働き。30日現在でチームトップの21ホールドを記録し、通算100ホールドも達成。先日の球宴にも初選出された。今季、国内FA権を初取得していた。日本ハムは今シーズン中だけで3件目のトレードになる。

 中日の救援陣は又吉の先発転向などもあり、開幕から不安定だった。又吉が救援に戻り、岩瀬が復活したことで田島につなぐ勝利の方程式ができ上がったが、岩瀬も42歳と体力面の不安があり、強化の必要があった。交渉成立なら明日1日からのDeNA戦(横浜)で、すぐ1軍合流の可能性もある。

 ◆谷元圭介(たにもと・けいすけ)1985年(昭60)1月28日、三重生まれ。稲生では春夏通じて甲子園出場なし。中部大ではエースで愛知大学野球リーグで06年春、秋にベストナイン。社会人野球のバイタルネットに進み、08年10月に日本ハムの入団テストを受け、同年ドラフト7位で日本ハムに入団。14年からは3年連続で50試合以上登板。今季は36試合に投げ0勝2敗1セーブ21ホールド。右投げ右打ち。167センチ、72キロ。