【読売ジャイアンツ】松本哲也が引退

LINEで送る
[`evernote` not found]
Delicious にシェア

巨人松本哲也が引退決断…「決死のダイブ」忘れない

 巨人松本哲也外野手(33)が、現役引退を決断したことが5日、分かった。プロ11年目の今季、2軍では99試合に出場し、打率2割8分8厘、13盗塁をマークしたが、10年ぶりに1軍出場がゼロ。重信、橋本到ら左打ちの俊足外野手が台頭する中、ユニホームを脱ぐ決意を固めた。近日中に表明するとみられる。

 「育成の巨人」を象徴する選手だった。専大から、06年ドラフト3巡目で巨人に入団。1年目の春季キャンプ中に球団では育成選手第1号で、支配下登録を勝ち取った。09年に1軍に定着。129試合に出場し、打率2割9分3厘、16盗塁で新人王とゴールデングラブ賞を獲得した。

 守備範囲の広さと故障をも恐れぬガッツあふれるプレーで、投手陣から信頼が厚かった。「マツのところに飛べば大丈夫」が共通認識で、決死のダイビングキャッチで何度もピンチを救った。10年にはファン投票で、育成出身野手では初の球宴に出場。ファンからも愛された。

 「てんびん打法」でも注目を浴びた。09、10年には1番坂本、2番松本の「サカマツ」コンビで、打線の重要なポイントを担った。今後は未定だが、野球への恩返しの思いは強く、指導者の道を視野に入れながら、新たな道に進む。

 ◆松本哲也(まつもと・てつや)1984年(昭59)7月3日、山梨県生まれ。山梨学院大付から専大を経て、06年育成ドラフト3巡目で巨人入団。07年2月に支配下選手登録され、08年5月にプロ初出場。09年にはてんびん打法と広い守備範囲でブレークし、新人王を獲得した。同年育成ドラフト出身者で初となるゴールデングラブ賞も受賞した。11年から新打撃フォーム改造に取り組む。今季年俸は2400万円(推定)。168センチ、70キロ。左投げ左打ち。