【広島東洋カープ】2017/10/18 緒方監督

LINEで送る
[`evernote` not found]
Delicious にシェア

「初戦がとれたのは大きいね」/緒方監督

<セ・クライマックスシリーズ・ファイナルステージ:広島3-0DeNA>◇第1戦◇18日◇マツダスタジアム

 広島が降雨コールドで初戦をとり、アドバンテージを含めて2勝とした。5回に1番田中が放った中前の2点適時打が決勝打となった。緒方孝市監督のコメント。

 「去年同様、キーマンになってくれそうな感じがする。初戦がとれたのは大きいね」。

 その他の一問一答は以下の通り。

 -難しいコンディション

 緒方監督 プレーボールかかってからは、それほど支障はなかったけどね。中盤から、かなりグラウンドコンディションも悪くなっていった。それを普通に薮田が投げてくれた。いろんなプレッシャーとかあるなかでも、しっかりと自分の投球をしてくれた。ピンチなんて1度くらいしかなかったでしょう。ナイスピッチングです。

 -菊池が追加点

 緒方監督 初回から攻撃の形をつくってくれた。しぶとい内野安打での追加点は非常に大きかった。このシリーズは1番2番3番。タナキクマルに掛ける期待は大きいです。